連続講座『佐賀学』

← TOP
 

連続講座『佐賀学』とは


 連続講座『佐賀学』は2015年の6月に佐賀の歴史や文化について学んでいこうと立ち上げ、講師の先生方とともに(*1)みなさんと作り上げて来た自由な学びの場です。

 武雄市内外にお住まいの研究者を講師に、少し時間をかけて取り組む講座は、時には野外授業へと場所を移しながらの多彩なプログラムです。

 学びの場はどこにもあるのですが、何物にも代え難いふるさとがその対象になった時、「私たちのふるさとがこんなに輝いていたとは!」先ず受講者のみなさんの脳裏をかすめるのはこの言葉になるに違いありません。

 それは第一に「学び、知ること」の楽しさを教えてくれますが、同時に私たち自身に創り出すことや、子どもたちにも未来に繋いで行くことの重要性を説いてくれるように感じています。

 例えば、長い歴史が育んで来たものを今、私たちのコミュニティーはどう学び、又どう将来へ手渡しして行くか等、そんな可能性に繋がるかもしれません。

 講座は毎月の第3の水曜日か木曜日、夕方7時に始まります。
 先生を囲むのは、おじさんたちと私のようなおばさんたち、それに少し若いくらいのお母さんたちが主だったところです。

 一人より、みなで集まって、学び合う場所があることは何と幸せだろうと感じる空間が生まれています。

 そして、名だたる講師の先生方に気軽に足を運んでもらうことで講座は支えられていますが、この温もりはとても貴重だと思っています。

 市民による新たな明るい未来作りのひとつの形が遠い目標ですが、当面は子どもたちに何かを伝えられる大人を目指しながら、愉しい学びを続けていこうと考えています。

 発足して2年足らずの連続講座:佐賀学ですが、しっかりと学ぶだけでなく、多くのみなさまと愉しむために特別イベントも土日などに企画しています。

 2016年6月には「能管(能、狂言の笛)の夕べ」の開催(山内町宮野、葉山有樹スタジオ カフェ516)
 今年(2017年)は、11月11日(土)「ミステリ作家in武雄温泉・トークショー&サイン会」(京都屋)の予定。

*1 毎回の会場は、武雄温泉楼門傍にある旅館:東洋館に館内のティールームを提供して戴いています。 これ以上のボランティア参加は無いと主催者として感謝するばかりです。


                       連続講座『佐賀学』 代表 竹本信子



  連続講座『佐賀学』2017